☆初回相談料は無料です☆

 

ご自身が亡くなったのち、残された人が困らないために・・・。そして、あなたの大切な人へのメッセージ・・・。
お元気なうちに遺言をされることをお勧めします。

 

遺言は大きく分けて「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2つがあります。
◎適宜の用紙に内容・日付・氏名を自筆で書いて押印すれば完成する「自筆証書遺言」。費用が掛からず気軽に作成できるのがメリットです。
◎証人二人が立ち会い、公証人の面前でご自身の口述した内容をもとに公証人が作成する「公正証書遺言」。作成後公証役場で保管され、家庭裁判所での検認も不要で、生前の意思が確実に実現されるのがメリットです。

→当事務所では、作成後も安心な「公正証書遺言」をお勧めいたします。
・お客様の遺言のご意向をうかがって、公証人と遺言の内容を打ち合わせ、当事務所から証人2名をご用意します。

・2020年7月より法務局では遺言書保管制度がスタートします。
当事務所は新しい法律に対応し、お客様に情報提供いたします。

遺言書